スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「平沼新党」来週にも、鳩山邦夫氏などと連携探る(読売新聞)

 無所属の平沼赳夫・元経済産業相は1日、来週中にも新党を結成する意向を固めた。

 民主、自民の2大政党に飽き足らない、保守系の有権者の支持を集め、夏の参院選で民主党の単独過半数を阻止し、選挙後の政局で「第3極」としてキャスチングボートを握る狙いがある。関係者によると、新党には既に現職国会議員5人が参加の意向を示しているという。

 平沼氏は周囲に「本当は3月中にと思っていたが、今月上旬には結成したい」と語っており、具体的手続きに着手した模様だ。この時期に旗揚げするのは、参院選での政治団体の名称保護規定の締め切りが迫っていることや、政党要件を満たす国会議員5人のメドが立ったためと見られる。

 平沼氏は2005年、郵政民営化に反対して自民党を離党した。昨年の衆院選直前、保守系無所属の「平沼グループ」を結成し、自身を含め3人が当選した。同グループは衆院選で、〈1〉自主憲法制定〈2〉北朝鮮による拉致問題の早期解決〈3〉郵政民営化の弊害の排除――などを盛り込んだ政策綱領を掲げた。平沼氏が旗揚げする新党でも、自主憲法制定や、安全保障、教育、中長期的な財政再建などを重視した政策を打ち立てる方針だ。

 3月に自民党を離党した鳩山邦夫・元総務相や、離党・政界再編を視野に入れる与謝野馨・元財務相、与謝野氏に近い園田博之・元官房副長官、衆参両院で自民党と統一会派を組む改革クラブ所属議員らとの連携も検討。また、平沼グループ所属の小泉龍司、城内実両衆院議員が、新党旗揚げ後に合流する構想もあり、新党所属の国会議員が参院選前に5人を上回る可能性もある。夏の参院選でも候補を擁立する方針だ。

 ◆名称保護と政党要件=公職選挙法では、国会議員の任期満了の90日前から1週間の間に届け出れば党の名称が保護され、同一や類似の名称の政治団体などの届け出を制限できる。政党助成法では、政党交付金の支給対象となる政党を〈1〉国会議員が5人以上〈2〉国会議員が1人以上で、かつ直近の衆院選または最近2回の参院選のいずれかで得票率2%以上――のどちらかと定めている。

16日に「平和構築」会合=国連安保理で主催−岡田外相発表(時事通信)
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士−明石歩道橋事故(時事通信)
iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)
皇太子ご一家が帰京(産経新聞)
10府省会見で質問可能=フリー記者への開放状況−総務省調査(時事通信)

被疑者不詳で書類送検=作業員2人死亡、業過容疑−東京・赤坂のゴンドラ落下(時事通信)

 東京・赤坂のマンション建設現場で2008年8月、作業用ゴンドラが落下し、乗っていた男性作業員2人が死亡した事故で、警視庁捜査1課と赤坂署は29日、業務上過失致死容疑で、被疑者不詳のまま書類送検した。
 捜査関係者によると、点検や安全確認が不十分だったことが事故につながったとみられる。
 同課などによると、ゴンドラを支えるワイヤの通るはりが折れ曲がり、外れていた。何らかの原因でゴンドラのスイッチが入り、重みに耐えられなくなった疑いがあるという。 

【関連ニュース】
工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡
現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で
安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災
ゴルフ場で生き埋め、1人死亡=水道工事中、掘った穴に

皇太子ご一家、長野でご静養(産経新聞)
足利事件再審 判決要旨(4)(産経新聞)
<シー・シェパード>船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検(毎日新聞)
御柱祭 氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕(毎日新聞)
【ネット番記者】ウルトラの国の社会事情(産経新聞)

「ADLIB」37年の歴史に幕 音楽雑誌「冬の時代」続く(J-CASTニュース)

 音楽雑誌「ADLIB(アドリブ)」が休刊する。1973年に創刊され、日本で数少ないジャズ系音楽雑誌として親しまれてきたが、音楽業界の業績悪化やインターネットの登場に押され、抗うことはできなかった。音楽雑誌業界は90年代後半以降、「冬の時代」が続いている。

 2010年3月19日に発売された「ADLIB」4月号で、次の5月号でもって休刊する旨が発表された。発行元のスイング・ジャーナル社によると、70年代後半から90年代の最盛期には20万部を発行することもあったが、近年は低迷。インターネットの登場や、昨今の音楽業界の不況と、それに伴う広告収入の減少などが響き、休刊を決定するに至った。

■90年代後半以降、休刊相次ぐ

 同誌は1973年に創刊。ジャズ、フュージョンを中心にAORやソウル、ニューエイジなど「大人が聴く音楽」を扱うことで知られる。最新号の表紙はギタリストのジェフ・ベック。特集の「J-フュージョン最新事情」では、T-SQUAREなど日本のフュージョン系ミュージシャンのライブ情報を掲載している。

 編集部によると、4月19日に発売される最終号では、37年の歴史を振り返る特集を組む予定だという。

 音楽雑誌業界は90年代後半以降厳しい状況が続いている。98年に40年以上の歴史を持つ「ミュージック・ライフ」が休刊したのを皮切りに、「音楽と人」「Pop Beat」「GiRL POP」など数多くの有名誌が姿を消した。

 今回の「アドリブ」休刊に関して、音楽評論家の加藤普さんは、

  「日本でジャズを扱っている月刊の音楽誌は『アドリブ』のほかに『Swing Journal』や『jazz Life』など数誌しかないのですが、そのうち1つがなくなるという意味では衝撃ですね。残り少ない絶滅危惧種みたいに思っていたのが遂になくなってしまいました」

と語る。

■ネットの登場で雑誌の役割なくなる

 ジャズ雑誌の多くは、ジャズ喫茶がまだ日本に多くあった70年代に創刊している。『アドリブ』は最盛期に発行部数20万部(公称)を誇った。だが、90年代後半に雑誌全体の売上が減少し始める。CD売上も同時期から減少し続け、レコード会社も雑誌に広告を出す余裕がなくなってしまった。加えて、インターネットの登場だ。加藤さんは、

  「雑誌にはストックしてアーカイブ化するという役割がありましたが、ネットを見るといつでも情報を手に入れられるんです。ジェフ・ベックで検索すれば、それこそ60年代のヤードバーズ時代から見ることができます。素人の情報でもプロより詳しく書かれていることもありますし、もう机の上に雑誌をストックする必要はないんです。寂しいですが、今回の休刊も、時代の流れの象徴でしょうね」

と話している。


■関連記事
『THIS IS IT』の美人女性ギタリスト 「正統演奏」が30代以上世代にうける : 2010/02/03
Charと大物ギタリストの熱いトークが2冊の本に : 2009/04/27
「奇跡」の未発表新作登場 天才・ジミヘンが弾く「歴史」 : 2010/03/12
データ失ったときのショック度 「個人情報」より「写真、音楽」 : 2009/12/18
「オフィスラブの予感を感じたとき」聴きたい音楽は? : 2009/09/24

<東武ワールドスクウェア>ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
<全国農政連>自主投票に 参院選比例代表で方針転換(毎日新聞)
<岡田外相>米国防長官と会談へ 普天間移設など協議(毎日新聞)
郵貯限度額「時間かけ縮小を」=民業圧迫を懸念−仙谷戦略相(時事通信)
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加−鹿児島(時事通信)

橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)

 来春の統一地方選に向けて4月に地域政党「大阪維新の会」を旗揚げする大阪府の橋下徹知事は23日、府庁で報道陣に、府議会の定数(112)について、「削減を統一選で問いたい」と述べ、府議選の争点にする考えを明らかにした。

 府議会の定数は来春の統一地方選から3減が決まっているが、さらなる大幅減を目指す。関係者によると、人口10万人あたり議員1人を基準にすると、府は定数88となり、この数字を軸に検討するという。

元会社員に求刑通り無期=夫婦殺害、放火−長野地裁支部(時事通信)
衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員)(産経新聞)
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが−東京(時事通信)
秋篠宮さま、眞子さまラオスへご旅行(産経新聞)
【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)

生方副幹事長は続投、小沢氏の要請受け(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は23日午後、国会内で生方幸夫衆院議員と会談し、「もう一度、一緒にやってくれないか」と述べ、副幹事長留任を要請した。

 生方氏も了承し、副幹事長にとどまることが決まった。

 生方氏は今月17日付の産経新聞のインタビューで、「今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている」などと党運営を批判した。

 高嶋良充筆頭副幹事長が自発的辞任を求めたが拒否したため、党執行部は生方氏を解任する方針を決め、23日に正式決定する予定だった。

民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)
高松塚劣化「組織的な不作為」が要因 検討会報告書が指摘(産経新聞)
<殺人未遂容疑>インスリン投与の看護師を再逮捕 京都(毎日新聞)
【はてなは、はてなし】論説委員・坂口至徳 京の名花 バイオで守る(産経新聞)
原告側4人が上告断念=原爆症愛知訴訟(時事通信)

<目薬>目パチパチはダメ 正しい点眼5%(毎日新聞)

 点眼のあとの目パチパチは禁物−−。目薬をさしたあと目をしばたたかせるなど、不適切な点眼をしている人が9割を超すことが、医薬品メーカー、ファイザー(東京都渋谷区)の調査で分かった。

 同社は、緑内障患者など病院で複数の目薬を処方された経験がある40〜60代の男女1200人を対象にインターネットで調査した。

 適切な点眼後の行動は「しばらく目を閉じて、薬が鼻やのどに流れないよう目頭を軽く押さえる」だが、適切な点眼を実行している人はわずか5.8%。最も多い43.3%が「目をパチパチさせている」で、「しばらくの間、目を閉じている」30.2%、「しばらくの間、目を見開いたままじっとしている」15.1%など、計90%以上が不適切だった。

 「目をパチパチさせる」人の88.3%が「目薬が目全体や患部に行き渡ると思うから」と答えた。この方法では、薬が外に流れ出てしまい、十分な効果が得られないという。

 目薬の1滴は、目の中にためることができる適切な量だが、33.5%が2滴以上さしており、3人に1人がさし過ぎだった。また、2種類以上の目薬を処方された場合、約5分以上の間隔を空けていない人も37・2%いた。【石塚孝志】

【関連ニュース】
薬事法違反:バイアグラ広告送付容疑で逮捕 新潟県警
注目CM紹介:舘ひろし 喫煙歴40年に終止符? ファイザー禁煙治療CMで禁煙に挑戦
目薬:点眼後のパチパチはダメ 正しい点眼5.8%−−緑内障などの1200人調査
ご近所のお医者さん:/97 緑内障=大本佐和子院長 /岡山

<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)
“泥棒目線”の防犯対策が重要 ベテラン刑事に聞く空き巣対策 (産経新聞)
業過致死容疑で工場長ら書類送検へ 姫路エレベーター事故(産経新聞)
テンの写真公表=ケージ内のトキ襲撃−環境省(時事通信)
普天間移設、2案提示へ…米側過去に却下(読売新聞)

札幌ホーム火災 吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)

 燃え広がる炎が7人をのみ込んだ。13日未明に発生した札幌市北区のグループホーム「みらい とんでん」の火事。犠牲者は郊外で身を寄せ合って暮らすお年寄りたちだった。「みんな仲がよさそうだったのに、どうしてこんなことに……」。近所の人や関係者は突然の惨事にショックを隠せなかった。【金子淳、円谷美晶】

 「中に人がいる。助けて」。近所に住む商店経営の男性(68)は、13日午前2時半ごろ、女性の絶叫で目が覚めた。驚いて玄関から飛び出すと、グループホームの屋根から炎が吹き上がり、煙が立ち昇っているのが見えた。既に建物全体にオレンジ色の炎が回っており、「炎と煙で中の様子は分からなかった。とても入れる状況ではなかった」と話す。

 グループホームの隣に住む20代の女性は、飛び火を恐れて家族4人で屋外に避難した。「怖かったし、驚いた。とにかく逃げなきゃ、と思った」と振り返った。

 出火に気づいたグループホームの女性職員(24)は現場から約250メートル離れた屯田交番へ駆け込んだ。当時、警察官は留守で、女性は交番の電話で札幌北署に「火事です、火事です」と助けを求めつつ、同時に携帯電話で119番した。二つの受話器を両耳に当てて説明しようとしたが、場所の説明ができないほど取り乱していたという。

 グループホームには9人の高齢者が暮らす。室内犬1匹を飼育し、入居者が職員と散歩に連れて歩く姿も見られた。クリスマスや入居者の誕生日などを祝うイベントも催され、入居者の家族が集まることもあったという。昨年のクリスマス会に参加した民生委員の女性(67)は「家庭的な雰囲気で仲が良かった。まさかこんなことになるとは」。毎月、入居者の整髪を行っていた理髪店経営の男性(65)は「運営はきちんとしていると思っていた。亡くなった方のことを考えるとつらい」と声を詰まらせた。

 毎月、食事指導などでグループホームを訪れていた管理栄養士、佐々木志津子さん(73)によると、施設では自力歩行ができる3人が2階、介助が必要な6人が1階に入居。夜間は職員1人が徹夜で巡回などを行っていた。「何とも言えない。(入居者)一人一人の顔を思い出すと涙が出てきます」と話し、目頭を押さえた。

【関連ニュース】
火災:グループホーム全焼 7人死亡 札幌
火災:2棟焼き独居の86歳死亡 大阪
火災:1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚
火災:民家焼き幼い兄弟死傷 北九州
火災:2階建て住宅全焼 男性の遺体発見 横浜市港南区

シー・シェパード、過激活動で寄付集め装備充実(読売新聞)
<シー・シェパード>監視船侵入のメンバーに逮捕状 海保(毎日新聞)
グループホーム運営会社など捜索=7人死亡火災−道警(時事通信)
<民主>子どもの貧困解決へ 有志が議員の会(毎日新聞)
なぜ突然…大阪城公園で地面陥没、2m大の穴(産経新聞)

首相動静(3月14日)(時事通信)

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 午後6時20分、公邸発。
 午後6時28分、東京・有楽町のホテル「ザ・ペニンシュラ東京」着。同ホテル内のレストラン「ピーター」で民主党の植松恵美子、川崎稔両参院議員らと食事。
 午後10時9分、同ホテル発。同15分、公邸着。
 15日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

京浜東北線、4月から女性専用車両導入(読売新聞)
迫るトラック、友人が背中を押し 「自分を救ってくれたと思う」(産経新聞)
グループホームの防火体制点検を―厚労省(医療介護CBニュース)
南海高野線小型ヘリ墜落事故、嫌疑不十分で不起訴(産経新聞)
<不審物>新幹線基地で不審な液体 一時騒然も中身は…(毎日新聞)

ウインターラフティング 尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)

 雪景色の中、波しぶきを受けたボートから歓声が上がる。北海道倶知安町の尻別川ではウインターラフティングが人気を呼んでいる。参加者は水にぬれないドライスーツを着込み、ガイドと一緒にゴムボート(8人乗り)へ。途中休憩を挟みながら1時間半ほどかけて約5〜6キロをゆっくりと下る。同町には最近、スキーを楽しむため豪州や中国などから大勢の外国人客が訪れており、ラフティングの半数以上は外国人という。午前9時と午後1時の1日2回で1人7500円。【木葉健二】

【関連ニュース】
街角:恵庭・雪んこまつりに歓声 /北海道

性犯罪前歴者、出所後の所在不明1割(読売新聞)
彬子さま、今月米ご出張へ(産経新聞)
ロバート秋山さんとインパルス堤下さんが玉突き事故(産経新聞)
SS身柄引き渡しに官房長官「司法が適切に判断」(産経新聞)
阿木・宇崎夫妻が作詞・作曲、感激の新校歌(読売新聞)

普天間移設 官房長官が沖縄知事と会談「県外も検討」(毎日新聞)

 平野博文官房長官は10日、首相官邸で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡って仲井真弘多・沖縄県知事と約40分間会談した。仲井真知事は「沖縄県民の(県外移設への)期待は非常に強いが、きちんと検討していただいているのか」と質問。平野氏は「県外もきちんといろいろ検討している」と述べ、沖縄県外も候補地として検討していることを明らかにした。【横田愛】

農水省職員を長崎知事選に続々“投入” 答弁書で判明(産経新聞)
アカデミー授賞式で首相、「JALは沈んじゃったが…」(産経新聞)
性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)
<窃盗>墓からダイヤモンドの指輪を 容疑で逮捕(毎日新聞)
<吉川英治賞>文学賞に重松清氏の「十字架」など決まる(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
ネイルサロン
クレジットカード現金化
カードでお金
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    カナ (08/26)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    とろろいも (01/13)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    カドルト (01/08)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    ソルバルウ (01/05)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    タンやオ (12/31)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    こういち (12/26)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    モグモグ (12/17)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    しゅうじん (11/23)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    ぬらえもん (10/31)
  • ボート転覆、少年2人死亡=強風にあおられたか―福岡(時事通信)
    播磨 (10/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM